女子限定!ニッチなヨーロッパ情報

カエル料理はフランス名物!

今日は変わったグルメ料理のご紹介です。とは言ってもレシピではありません。

日本でもちょっとは聞いたことはあるはずです。

それは、か・え・る です。
聞いたこと有るゲテモノ料理ですよね?

つまりは食用ガエルなんですけど、カエル食というものは日本であまり一般的ではないですね。

目次

カエル料理はフランス・ブルゴーニュ名物

カエルを出すレストランは日本の大都市などに見られますが、ほとんどが中国かアジア料理のお店です。

ところが日本で話題になりやすいのは、わたしはヨーロッパのフランスのカエル料理なのだと思っています。
カエルを食べるのはヨーロッパでもフランスぐらいなのですが、時にイギリス人などが軽蔑の眼差しで見たりすることもあります。

実はわたし、食べたことあるんです。

grenouilles(グルヌイユ)って言うんですが、ブルゴーニュ地方が本場ということですが、パリのレストランでメニューにあるところもあるんですね。特に観光客がよく来る地区にはよくあるのではないでしょうか?

パリでのカエル料理体験

それはずーっと以前、日本から友人がヨーロッパ旅行に来た時にパリも回ったのですが、一緒に晩ごはんに入ったレストランがそこだったのです。

かねてから噂に聞いていたカエル料理、わたしは勇んで注文しましたが、友人は恐れをなして普通の料理を食べてました。

出てきたのは当たり前ですがカエルの形も何も残っていませんでしたので安心して(??)レモン汁をかけて、さて賞味。バターとガーリックが程よく混ざってなかなかいけました。

まったくひつこい味ではなく、とりもも肉なんかよりもあっさり。後で知ったのですが、カエルはももの部分を食べるそうで、これも一応もも肉だったんですね。さて何に似てると言ったらささみが一番近いような気がします。

ブルゴーニュのカエルの料理
カエル料理。ガーリック風味のバターソテー?
©i-ine.eu

カエルはどこから来るのでしょう・・・

カタツムリといい、カエルといい、結構ゲテモノ好きなフランスですが、カエルも食材として販売しているようです。

そう、そうでなければレストランの料理には出せないですよね? しかし、どこかの国のように怪しげな市場とかで売っているというのではなく、大体はインドネシア等外国産の冷凍ものになるそうですが、気になったので調べてみました。

すると、養殖業者もありました! そう言えば、魚と同じようにいけすで養殖できますよね・・・。

フランスの養殖カエル

カエルの卵。水中花のようです。 From: poissonnerie-francois.fr

魚と違い、カエルはまず冷凍してから精肉にするそうです。コールド・スリープですか・・・。なんだかSF小説で読んだような話ですね。

その後は普通の魚と同じように氷をいっぱい詰めた箱に入れて顧客に販売、だそうです。

ここのカエルは衛生面でも気を使っていることでしょうし、きっと顧客は高級レストランなのでしょうね。

Youtubeビデオもありました!

カエル養殖、FRANCOIS Production
終わりに・・・

思い出しついでにカエルについて調べてみたのですが、カエルの養殖場がヨーロッパにもあるとは今まで知りませんでした。

これもi-ineに参加協力したおかげですが、また何か変わったものも調べてご案内したいと思います。

会社に行けるのはいつになるのかわかりませんが、相変わらず暇人の樹里でした。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる